アトリウム(巨大なガラス張りの吹き抜け)

こちらは、ご存知と思いますが「東京国際フォーラム」
都内でも有数のコンベンションセンター
旧都庁跡地に建てられ、建築家ラファエル・ヴィニオリの作品。
(ウルグアイ・モンテビデオ生まれ、アルゼンチンで育ち、アメリカ合衆国・ニューヨーク在住)
建物の完成度は高く、平成9年に開館してから世界中の人が注目する観光スポットで、
建築の難しい話は良く分からない私でも、近くに行くとふらっと寄りたくなる建物です。

注目はガラス棟。巨大な舟形のアトリウム空間。
ご覧ください!青空と、上からの柔らかい光が注ぎ込む空間。吹き抜けの醍醐味ですね!
全長約207m、地上高57.5m、最大幅約32mでとっても開放的。

使用されているガラスは壁面だけでも約2600枚。
透明感のあるこの空間は地上1階から最上階の7階までスロープで一周できます。
4階から6階部分の空中ブリッジで連結してホール棟と施設群をジョイントしています。
繊細ながら、どっしりとした安心感があり、癒されます。

夜のライトアップもステキ!

東京国際フォーラムはカメラマンが好むスポットとゆうのもわかります。
素人では、なかなか上手に撮れません。
プロの腕と、いいカメラと、恥ずかしがらずに撮る勇気を持ち合わせなくては。

今日のような暑い日は、屋内で、すばらしい建築物を楽しむとゆうのもよいのではないでしょうか。
熱中症に気をつけてお過ごしください。

関連記事

  1. 新人NASTA

  2. Hizawa styleキッチン

    キッチン収納上手で家事時短を

  3. 暮らすことを楽しむ北欧スタイル

  4. NOOK【ヌック】

  5. おうちキャンプ

  6. 夏バテ (”~”)