Pick out フローリング

アイジーホーム “Moi” の土間を上がると、無垢材のフローリングが出迎えてくれます。
素敵な家具や鮮やかな観葉植物にも引けを取らないうえ、何も置かなくても様になる。木の温もりを存分に感じられる無垢材のフローリングは、我が家で一番にリフォームしたいと思っているところです。

住宅の床材の主流は木質フローリングです。
木質フローリングは、無垢材と複合フローリングに分けられます。
一般的な住宅では、複合フローリングをプランニングするケースが多くみられます。

複合フローリング
複合フローリングは、合板などの基材の表面に化粧材を張り合わせたもので、用いる化粧材によって突板タイプと、化粧シートタイプに分類することができます。
突板タイプは、薄く削った天然木の単板を用いたもの。
化粧シートタイプは、印刷したものをを基材に張り合わせたものです。
反りや収縮がなく木材が安定しています。
表面の単板の種類や塗装により色やデザインなど、いろいろなパターンから選べるのも特徴です。

無垢材
無垢材とは、切り出した天然木の一枚板を加工したもののことです。
樹種によって異なりますが、一般的に空気を多く含んでいるので保湿性や断熱性が高いことが特徴。
また、湿気の多い季節は余分な湿気を吸収し、乾燥すると排出する調湿作用もあるので、夏は素足で歩いてもべとつかず、冬は静電気を抑えるのも魅力です。
弾力性もあるので、足腰への負担は少ないでしょう。
年を経るごとに、色味や艶など味わい深くなり、時間とともに楽しむことができる素材といえるでしょう。

無垢材は、広葉樹針葉樹の2つに分けられます。
広葉樹は、針葉樹に比べ硬いのが特徴で、強度があり傷が付きにくい材
 オーク・ウォールナット・メープル・栗・チーク・タモなど
針葉樹は、柔らかいため、歩行感や肌触りの良さが特徴でしょう。
 杉・桧・パイン・アカマツなど
が挙げられます。

是非、モデルハウスでご自分の足で体感してみてください。

関連記事

  1. お見せします vol.2

  2. Olive 2

  3. FPの家(F=フレームP=パネル)     ♯1耐震性能

  4. ママたちへ

  5. 胃袋って敏感

  6. 成長が楽しい♬