皆さまからよく寄せられる質問とその回答になります。ヒザワ・ホームの家についてよくある質問をまとめました。代表的な質問をご紹介します。また、もっと「ヒザワ・ホームの家」良く知りたい方は、カタログを各種ご用意しております。

Q1. FPとは、意味は?

A. F(フレーム)、とP(パネル)です。「水を吸わない断熱材」として枠組に発泡ウレタンを注入し、開発されたのが「FPパネル」。寒さに強い家づくりを目指し、1985年北海道で開発されました。断熱材として、独自に開発したFPウレタンパネルを屋根、壁、床等に使用することで寒さに強い家を実現しました。

Q2. なぜ、結露しないの?

A. 注文住宅「FPの家」で使われるウレタン断熱パネルは、水に非常に強い硬質ウレタンを、さらに、工場で、圧力を、かけて圧縮して、断熱材にして使用しています。硬質ウレタンフォームとその網の目に包まれた小さな独立気泡の集合体により、水にも湿気にも強く、経年変化も性能劣化も少ない高耐久のパネルとなるため結露を防ぐことが出来ます。

Q3. 24時間計画換気システムの1ヶ月の電気代って、いくら?

A. 消費電力34ワットのシステムの場合、24時間フルに作動して、一ヶ月当たりで約600円、一日当たり約20円となります。

Q4. FPパネルは、何で、出来てるの?

A. 独自に開発した筋交い間柱他の入ったパネルの中に、硬質ウレタンを、工場で、注入して、圧力をかけて圧縮したパネルで出来ております。

Q5. FPパネルは、火事の時、大丈夫ですか?

A. 工場で生産する時、難燃材を混入しており、自消性があり、圧縮してできる限り空気をなくしていますので、表面が炭化するだけで、それ以上の燃焼を続行させない「絶縁体」の役目もしている事も実験結果で実証されています(自社検査)。

Q6. 50年間無結露保証って、どんな保証?

A. 壁のパネル内部が、50年間結露がしない事を保証しております。水にも湿気にも強く、経年変化も性能劣化も少ない高耐久の証として、パネルの素材内部について50年の無結露を保証しています。

Q7. FPの家は、環境にやさしいって、どうして!

A. 高気密・高断熱のFPの家は、冷暖房のムダをなくして、地球温暖化の原因といわれるCO2の排出量も減らすことができます。

ご不明な点、何でもお問い合わせくださいませ。

お問い合わせ・資料のご請求