「FPの家」って?

こんにちは。

これから、「FPの家」 の特徴について少しづつではありますが、ご案内をさせて頂こうと思っています。

興味を持って頂ける様に頑張っていきますので、よろしくお願いいたします。

今回は、まず、基本であるFPについて、ご説明をさせて頂きたいと思います。

 

≪FPって何?≫

F(フレーム)&P(パネル)の略です。

工場で作成した木枠(フレーム)に2成分を混合した原液を、1500CCクラスの自動車20台分の重さと同じ位のプレス圧のかかった空間に注入し

発泡、硬化して出来た硬質ウレタンフォームの断熱パネル(パネル)です。

つまり、木枠がついた硬質ウレタンフォームの断熱パネルのことなんです。

この硬質ウレタン断熱パネル(FPパネル)で、床・外壁・天井を囲った家が「FPの家」です。

FPパネルの最大の特長は、木枠がついていることなんです。

木枠がついていることで、収縮・変形・破損などの経年変化が少なく、断熱性・気密性の性能劣化も少ない優れた耐久性が生まれるのです。

 

ウレタンは、私達の身近なところで多く使われています。

例えば、高い断熱性が必要な 冷蔵庫・給湯器・電気ポット  軽量化が必要な 旅客機や自動車のシート

防水性の求められる サーフボード・ヨット  高い快適性が求められる ソファ・枕・ベッド 他スニーカー・スポーツシューズ等々

この様に、断熱性・防水性・快適性・軽量化等が必要な物に多く使われているのです。

 

では、この硬質ウレタンフォームがどの位凄いのか、他の代表的な断熱材と比べてみましょう。

断熱材の性能は、断熱材の厚さを熱伝導率で割った数値「断熱力(熱抵抗)」で表します。

数値が大きい程断熱力が高いということになります。

     

硬質ウレタンフォーム   厚さ 105(mm    断熱力 4,37

グラスウール(16K)      厚さ  100(mm   断熱力   2,22

ポリエチレンフォーム   厚さ     50(mm            断熱力   1,25

上記の数値を比較しても、ウレタンフォームの断熱性能が優れていることがお分かり頂けると思います。

 

次回から、この優れた断熱性能を上手に使用した「FPの家」の特長を、色々な視点からご紹介していきたいと思います。

関連記事

  1. ポーセラーツ♫

  2. 6/11の『FPの家』

  3. 7月のイベント♬

  4. ペコリ~ノ📺放送

  5. 新人NASTA

  6. 収穫♪