「FPの家」をおすすめする10の理由 その6

<その6>
余計なすき間がないから 「断熱パネルは火にも強い」

ウレタンは火に弱いのではと思うかもしれません。
しかし、FPウレタン断熱パネルのウレタンには原料に無燃材が混ぜられ、プレス機で圧縮発砲するため
空気の入る余地がない高密度で燃焼性を軽減。

「30トンの重さって想像できますか?」
≪1500ccクラスの乗用車20台分≫
 ×20台
≪アフリカゾウ(雄⇒5000kg)だと6頭分≫
 ×6頭
そんな凄い圧力でプレスするので、軽いけど固い、ぎゅーと詰まってるから火でも入り込めない・・・
水に浮くけど燃えない、水を吸収しない、硬くて変形しずらい「硬質ウレタンパネル」となるのです。

下記の映像は、代表的な断熱材の燃焼実験の画像です。断熱材に、火を充てて10秒後の状態を見てみます。

硬質ウレタン以外の2種類は、焼けて大きく穴が開いてしまったり、溶けて変形してしまっています。
硬質ウレタンは、酸素がある表面は一瞬燃えて焦げ目は付きますが直ぐに鎮火。
ウレタンの中に酸素がないため燃え広がらないのです。

すき間なくパネルを施工し、気密を徹底的に高めるため、「FPの家」は火事にも強い、燃え広がりにくい家となるのです。
断熱性を上げることを目的に開発された「硬質ウレタンパネル」ですが、断熱性はもちろん、水害や地震にも強く、そして
火にも強いということが実証されました。

関連記事

  1. 見てのお楽しみ♫な家vol.1完成間近

  2. 清水区谷津町J様邸

  3. 『FPに家』の耐水性☂

  4. 重なる記念日♪

  5. 4/29の『FPの家』

  6. 来てね住宅フェスティバ~ル♪ vol.2