家族と住まいの健康における最大の敵、それは結露でした

すぐそこに寒い冬の足音が聞こえてくる・・そんな季節になりました。
冬で嫌なものは「結露」と答える方も多いと思います。
「結露」というと、窓ガラスに付く水滴やカーテンを湿っぽくする等の目に見える「結露」のイメージが強いですね。

実は、本当に怖いのは、家の外壁内で発生する壁体内結露なんです。
壁体内結露は、住宅を腐らせる元凶だけでなく、カビやダニが発生する原因となってご家族の健康をも脅かします。

結露によってカビが発生し、カビを餌にしてダニが繁殖、このダニやダニの死骸、糞、カビの胞子等がハウスダスト
として部屋中を飛び回り、喘息やアトピー性皮膚炎などの原因物質となるアレルゲンとなります。

喘息やアトピー性皮膚炎からご家族を守るためにも、結露の発生しない住環境をつくることが大切です。

また、シックハウス症候群の原因として、揮発性有機化合物(VOC)や二酸化炭素などの化学的因子の他に、
ダニやカビの生物的因子が汚染源になりことも少なくありません。
つまり壁体内結露が原因になることも多いのです。

最近は、高気密・高断熱を謳っている住宅会社が多くなりました。
一方で断熱材の施工方法の間違いにより壁体内結露を発生させ、逆に住宅の寿命を縮めてしまう場合があります。

壁体内結露を防止するには・・・
★壁内に湿気が入りにくくし、侵入しても出やすくする
★完全な気密施工を行う。(特に電気工事、設備工事の配線や配管まわりの気密施工のチェック)

つまり、施工中から施工管理をしっかりやらなければ、なかなか防止できないですね。
結局、業者まかせになってしまうことが大半なんです。

「FPの家」で使われるウレタン断熱パネルは、硬質ウレタンフォームとその網の目に包まれた独立気泡の集合体。
水に強く、湿気にも強いため、壁体内結露の心配がありません。
経年変化や経年劣化も少ない高耐久の証として「50年無結露保証」をしています。

関連記事

  1. 4/2の『FPの家』

  2. キッチン旅

  3. 建築現場🏠

  4. クリスマス🎄デコ vol.4

  5. ヌック

  6. 月の周りに光の輪🌛