紫陽花をアレンジ

今日は朝から湿度が高く、外にいると何とも言えない不快さがたまりません。
きのうのブログの「コガネキヌカラカサタケ」も、この気温と湿度に喜んで大きくなったのかもしれません…

この不快な梅雨を少しでも快適に感じるために、紫陽花をちょっとアレンジして飾ってみました。
1本の紫陽花・・・
んっ⁉ 紫陽花の数え方って1本なのかな~❓
そんな疑問が湧いたので、調べてみました。

花弁のように見える色付いたものは、実は萼(がく)が大きく発達した装飾花なんです。
本当の花は中心にぽちりと咲くですので、紫陽花には特別な数え方があります。
『朶』ダと呼び、枝が垂れ下がるという意味で花の塊を数える語です。
鉢植えのものは… 1鉢
切り花を買う時は… 1朶(いちだ)

1朶(いちだ)と言うんですね!

1朶の紫陽花が部分的に傷がついてしまっていると飾れなく、でも捨ててしまうのはもったいないと思った時は、
ちょっと分解して、水に浮かべてみると涼しげな飾りになります。
浅い入れ物にしたり、ビーズなどを入れても可愛らしくなりそうですね。
ぜひアレンジして楽しんでみてください♪

関連記事

  1. ⚘ドライフラワー⚘

  2. 4/23の『FPの家』

  3. Pick out 書斎

  4. 愛車

  5. 光月堂さんのドーナツ

  6. 来てね住宅フェスティバ~ル♪